松野和貴

大阪在住のスーパーファンタジー絵描き。 大学教員を経て5年前よりフリーランスの絵描きに転身 現在に至る。 基本はアナログでの制作。透明水彩、アクリル、ペンなどを使います。 「こんなことがあったらいいな」 を基にファンタジーな妄想を広げ作品に落とし込みます。 普段はキャラクター制作 / パッケージ用 / 挿絵 / 壁画 看板制作などしております。 目印はとんがり帽子です。

 
 
 

 

CONCEPT

 
氷の国の番人。荷物やお便りを届けにいくと嬉しくて一目散に走り寄ってきます。
そして必ず「きみは だあれ?」と聞いてきますよ。

 


COMMENT

「ファンタジーの秘訣」
・いつもは見ない場所に目を凝らして見ること。
・出会ったものみんなに名前をつけること。
・必ずいると信じること。

 
 

※画像はイメージの為、実際の商品とは一部異なる場合がございます。
※画面上に表示される色と実際のプリント色とは若干の誤差が生じる場合がございます。